ポーランド時事

10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12

最近の記事


ブログ検索


カテゴリー

デイリー=毎日のニュース、  ウィークリー=週の全ニュース


月別アーカイブ


リンク


累計訪問者数


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


11月28日の出来事
・産休手当て増額は来年初めから。貧しい家庭のみ対象
:マルチンキエヴィチ首相見解

・ポーランドがERM2を適応するのは2009年
:ズベル、首相経済顧問見解
-財政改革が順調に進めば2008年に間に合う可能性も指摘
スポンサーサイト
デイリー / 2005.11.29 07:02 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター11月28日号
○○○○○ 11/21 ○○○○○

・ドルン内務大臣、兼任副大臣として任命

・2006年度予算の児童・病人・老齢者対象の食事手当てを倍増する
:労働・社会政策省発表
-総額を5億ズロチに引き上げ

・ポーランド、今年のGDP成長率は3%:MFW発表
-2006年の成長率予測は4%
-マルチンキエヴィチ首相は、2006年後半にはGDP成長率は5%台に乗り、
2007年以降はそれ以上の伸び率を記録すると確信。

・経済関連法整備、競争自由化、許認可削減、司法機関効率化、汚職撲滅が
ポーランドの課題:マルチンキエヴィチ首相見解
-政府は、国内石油価格の引き下げに取り組む意向

・キャピタルゲイン税廃止は2006年半ばに実施:マルチンキエヴィチ首相見解

・法と正義(PiS)支持率がさらに拡大:CBOS世論調査
-PiS 43% (+16%)
-市民プラットフォーム(PO) 28%(+4)
-自衛(Samoobrona) 8%(-3%)
-ポーランドの家族連盟(LPR) 5%(-2%)
-民主左翼同盟 (SLD)  5%(-6%)
-民主党(PD) 2%
-ポーランド農民党(PSL) 2%(-4%)
-ポーランド社会民主主義(SdPl ) 1%(-2%)

・ 株式(終値)
WIG 33512,79 (-0,4%)
WIG20 2487,02 (-0,5%)
-MIDWIG 2040,15ポイントで市場最高値を更新

・為替
1USD=3,3669ズロチ
1EUR=3,98ズロチ
100円=2,834ズロチ

○○○○○ 11/22 ○○○○○

・マルチンキエヴィチ少数与党政権の寿命は数週間、長くて数ヶ月
:自衛(Samoobrona)、チャルネツキ欧州議会議員見解
 -現内閣解散後、PiSはSamoobronaと連立を組むしか道はないという見解。
 -レッペル代表が、副首相となる可能性も?
 -ヴィボルチャ新聞は同日、自衛(Samoobrona)は副知事ポストを最低3つ
獲得することでPiSと合意にたっしていると伝える。

・ユーロ導入の日程は、2・3年後に決定する:マルチンキエヴィチ首相見解

・下院家族委員会委員長に、ポーランドの家族連盟(LPR)ソベツカ議員が就任

・輸送・建設大臣、経営管理に問題があるとして郵便局の監査役会を解散

・石炭坑のメタン爆発で作業員3名が死亡

・株式(終値)
WIG 33586,35 (0,5%)
WIG20 2490,92 (0,7%)

・為替
1USD=3,3954ズロチ
1EUR=3,9705ズロチ
100円=2,8454 ズロチ


○○○○○ 11/23 ○○○○○

・マルチンキエヴィチ首相、海外投資家や国内企業に対し大いに配慮すること
を強調:「ジェチュポスポリタ」新聞インタビュー

・ジョブロ法務大臣、凶悪犯罪に対する刑の強化を予定

・自衛(Samoobrona)、ポモルスキエ県議会において法と正義(PiS)と
市民プラットフォーム(PO)に対し、3党による連立勢力の構築を提案

・国内二大有力紙、ベラルーシにおける言論の自由規制に対する抗議の一環
 として一面がほぼ全て黒塗りの新聞を発行

・エネルギーセクター企業の民営化を中断することが理財省の最優先課題
:ミコシュ理財大臣発表

・来年度民営化収入は約70億ズロチと推定

・自衛(Samoobrona)は法と正義(PiS)との与党連立構築に関する協議を進
 めている:自衛副党首見解


・株式(終値)
WIG 33275,03 (+0,47%)
WIG20 2466,47 (+0,58%)

・為替
1USD=3,3501ズロチ
1EUR=3,9515ズロチ
100円=2,8224ズロチ


○○○○○ 11/24 ○○○○○

・下院、「出産手当2倍増法案」を社会政策委員会に付託することを決定
-ポーランドの家族連盟(LPR)が上程した法案で、収入に関わらず出産した
 母親に1000ズロチ支給する内容。
-政府及び野党は国家予算圧迫の懸念から、低収入家族のみを対象にすべき
 として同案を批判。

・ジョブロ法務大臣、刑務所の収容能力増大を計画

・株式(終値)
WIG 33299,94 (+0,07%)
WIG20 2467,49 (+0,04%)

・為替
1USD=3,3303ズロチ
1EUR=3,924ズロチ
100円=2,7987ズロチ


○○○○○ 11/25 ○○○○○

・イラク平和維持部隊は2006年中に撤退する:シコルスキ国防大臣見解
-また、ウクライナが2008年にNATOに加盟できるよう支持して行く見解。

・政府と地方自治体の関係強化が重要課題:マルチンキエヴィチ首相見解
-各県議会議長と関係省庁大臣が協議する機会を増やす、EU基金利用の効率化
 などの問題を解決を図る。

・民主左翼同盟 (SLD) 、来年の地方議会選挙でポーランド社会民主主義
(SdPl )と共同戦線を構築することを決定

・10月の失業率は17,3%:中央統計局(GUS)発表

・ベルカ前首相、OECD次期事務総長ポストに一歩届かず
 -メキシコのグリア元財務大臣の就任が決定

・株式(終値)
WIG 33392,83 (+0,28%)
WIG20 2479,97 (+0,51%)

・為替
1USD=3,3346ズロチ
1EUR=3,9174ズロチ
100円=2,7934ズロチ


○○○○○ 11/26 ○○○○○

・ガソリンに対する間接税の引き上げはしない:マルチンキエヴィチ首相見解
ウィークリー / 2005.11.28 03:01 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター11月21日号
○○○○○ 11/14 ○○○○

・ 米国のミサイル防衛構想参入発言で首相批判
-マルチンキエヴィチ首相が10日の所信表明演説において、米国のミサイル防衛構想計画に参入することを目標としてあげたことで議論が勃発。政府が秘密裏に米国と協議を進めているという誤解を与える。クファシニエフスキ大統領及びマルチンキエヴィチ大統領は、まだ決定には至っていないという見解を示した。
-EU内のポジションやロシアの反応などを考慮すると、首相が公に同問題に触れたことは政治的ミスにつながるという批判も。

・ マルチンキエヴィチ首相、ビジネス団体と会談
-首相は雇用者の社会保障負担軽減や税制改革などを約束。新内閣の経済政策に強い懐疑心を抱いていた団体関係者は、まだ不明な点が多いとしながらも、政策の方向性に関しては納得した様子。今後、政府の具体的な行動を見守る姿勢。

・  欧州連合の加盟条件再交渉は行わない:マルチンキエヴィチ首相見解
   
・ 10月のインフレは1,6%(前年同月比):中央統計局(GUS)発表

・ 株式(終値)
WIG   33131.51(+0.3%)
WIG20 2452.93(+0.4%)

・ 為替
1USD=3.3988ズロチ (-0.56%)
1EUR=3.9958ズロチ(-0.75%)
100円= 2.8775ズロチ(-0.99%)


○○○○○ 11/15 ○○○○○

・ 汚職防止局は独自捜査権を持つべき:マルチンキエヴィチ首相見解
-汚職撲滅を最重要課題とする新内閣が導入を予定している汚職防止局だが、その必要性をめぐり野党などから批判が出ている。

・  政府、2006年度予算補正案を11月30日までに閣議承認予定

・ 自衛(Samoobrona)と法と正義(PiS)の連立政権発足は時期尚早:自衛・レッペル代表見解
-将来的には、両党による連立政権発足を望む

・ 株式(終値)
WIG   33079.31 (-0.1%)
WIG20 2444.58 (-0.2%)

・ 為替
1USD= 3.4177ズロチ (+0.56%)
1EUR= 4.001ズロチ(+0.13%)
100円= 2.8751ズロチ(-0.08%)


○○○○○ 11/16 ○○○○○


・ 株式(終値)
WIG   33001.54 (-0.2%)
WIG20 2446.7 (-0.0%)

・ 為替
1USD= 3.3915ズロチ (-0.77%)
1EUR= 3.9776ズロチ(-0.58%)
100円= 2.8457ズロチ(-1.02%)



○○○○○ 11/17 ○○○○○

・ 医療保険制度改革には7年必要:レリガ健康大臣見解

・ 乳幼児に対する暴力にはより厳しい対処を:ジョブロ法務大臣、検察に指示

・ 10月の民間セクター給与上昇率は6.4%(前年同期比):GUS発表

・ 独政府、ベルカ前首相のOECD事務総長就任を支持

・ 株式(終値)
WIG   33599.80 (+1.81%)
WIG20 2501,28 (+2.23%)

・ 為替
1USD= 3.4075ズロチ (+0.47%)
1EUR= 3.9803ズロチ(+0.06%)
100円= 2.8704ズロチ(+0.86%)



○○○○○ 11/18 ○○○○○

・ イラク平和維持軍の任務延期問題は12月中旬に決定:シコルスキ国防大臣見解

・ 法と正義(PiS)、ラジオ・テレビ関連法改正案を下院に上程
-ラジオ・テレビ協議会の委員数の大幅削減(現行9名から3名へ)
-PiSはメディアに対する権限も掌握するつろりであるとして一部野党が批判している。

・ 株式(終値)
WIG   33667,04 (+0.2%)
WIG20 2500,37 (0,0%)

・ 為替
1USD= 3.4055ズロチ (-0.06%)
1EUR= 3.976ズロチ(-0.11%)
100円= 2.8538ズロチ(-0.58%)


○○○○○ 11/19 ○○○○○

・ 自衛(Samoobrona)レッペル代表、「社会主義的リベラリズム」を目指すとコメント
-PiSへの歩み寄りを意識した方向転換か?


ウィークリー / 2005.11.22 09:26 / TB[0] / CM[2]


11月15日の出来事





汚職防止局は独自捜査権を持つべき
:マルチンキエヴィチ首相見解
-汚職撲滅を最重要課題とする新内閣が導入を予定している汚職防止局
だが、その必要性をめぐり野党などから批判が出ている。

政府、2006年度予算補正案を11月30日までに閣議承認予定

自衛(Samoobrona)と法と正義(PiS)の連立政権発足は時期尚早
:自衛・レッペル代表見解
-将来的には、両党による連立政権発足を望む

株式(終値)
WIG   33079.31 (-0.1%)
WIG20 2444.58 (-0.2%)

為替
1USD= 3.4177ズロチ (+0.56%)
1EUR= 4.001ズロチ (+0.13%)
100円= 2.8751ズロチ(-0.08%)


デイリー / 2005.11.16 03:51 / TB[0] / CM[0]


11月14日の出来事





米国のミサイル防衛構想参入発言で首相批判
-マルチンキエヴィチ首相が、10日の所信表明演説において、米国のミサイル防衛構想計画に参入することを目標とするという点をあげたことで議論が勃発。政府が秘密裏に米国と協議を進めているという誤解を与える。クファシニエフスキ大統領及びマルチンキエヴィチ大統領は、まだ決定には至っていないという見解を示した。
-EU内のポジションやロシアの反応などを考慮すると、首相が公に同問題に触れたことは政治的ミスにつながるという批判も。

マルチンキエヴィチ首相、ビジネス団体と会談
-首相は雇用者の社会保障負担軽減や税制改革などを約束。新内閣の経済政策に強い懐疑心を抱いていた団体関係者は、まだ不明な点が多いとしながらも、政策の方向性に関しては納得した様子。今後、政府の具体的な行動を見守る姿勢。

欧州連合の加盟条件再交渉は行わない:マルチンキエヴィチ首相見解
   
10月のインフレは1,6%(前年同月比):中央統計局(GUS)発表

株式(終値)
WIG   33131.51(+0.3%)
WIG20 2452.93(+0.4%)

為替
1USD=3.3988ズロチ (-0.56%)
1EUR=3.9958ズロチ(-0.75%)
100円= 2.8775ズロチ(-0.99%)

デイリー / 2005.11.15 07:41 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター11月14日号
―――――――――――――――――――――――――――――――
<<< ポーランドニュースレター・2005年11月14日号  >>>
――――――――――――――――――――――――――――――――


○○○○○ 11/7 ○○○○

・2006年度予算の財政赤字額は320億ズロチ以下
:マルチンキエヴィチ首相見解
-ベルカ前内閣が策定した予算案を補正し、赤字額を300億ズロチ以下に
引き下げる意向

・独・仏との関係強化を希望:メレル外相見解

・ツェザリ・メフ、財務副大臣に就任
-PiSの経済政策責任者で、レフ・カチンスキ次期大統領
(現職ワルシャワ市長)のもとで、ワルシャワ市役所経済政策室長であった。

・株式(終値)
WIG 33084.75 (-0.6%)
WIG20 2459.42(-0.3%)

・為替
1USD = 3.4039 (+2.24)
1EUR = 4.022 (+1.18)
100円 = 2.8887 (+2.07)


○○○○○ 11/8 ○○○○○

・マルチンキエヴィチ首相、主要政党と政府支持に関する協議を開始
- 法と正義(PiS)、ポーランドの家族連盟(LPR)と会談


・マルチンキエヴィチ首相、外交政策の継承を発表

・クファシニエフスキ大統領、英・ブレアー首相と会談
ポーランドはイラクの治安維持活動を延長する用意はあるが、決定は
大統領・新政権にかかっているという見解を示す。

・ベルカ前首相、OECD事務総長選で有力候補の一人に:OECD発表

・ポーランド政府、総額500億円の15年国債を発行:財務省発表

・冷凍食品会社・Jago、株式上場
 -今年で32番目株式デビュー会社

・株式(終値)
WIG 32989.06 (-0.2%)
WIG20 2443.07 (-0.6%)

・ 為替
1USD= 3.4301 (+0.77)
1EUR= 4.0264 (+0.11)
100 円 =2.9109 (+0.77)


○○○○○ 11/9 ○○○○○

・PiSとPOの支持率伸びる:PBS政党支持率調査
法と正義(PiS) 39%
-市民プラットフォーム(PO) 32%
-自衛(Samoobrona) 11%
-民主左翼同盟 (SLD)  7%
-ポーランドの家族連盟(LPR) 3%
-ポーランド農民党(PSL) 3%

・市民プラットフォーム(PO)地方組織、党幹部に法と正義(PiS)との
和解を呼びかけ

・株式(終値)
 WIG 33026,89 (0.1%)
  WIG20 2447,31 (0.1%)

・為替
-1USD= 3.3955 (-1.01)
-1EUR= 3,9944 (-0,79)
 -100 円 =2.8929 (-0,62)


○○○○○ 11/10 ○○○○○

・下院、マルチンキエヴィチ内閣を賛成多数で信任
 -信任票272 
  法と正義(PiS)、自衛(Samoobrona)、ポーランドの家族連盟(LPR)、
  ポーランド農民党(PSL)
 -不信任票 187
  市民プラットフォーム(PO)、民主左翼同盟 (SLD)

・株式(終値)
 WIG 33012,91 (0.0%)
 WIG20 2440,67 (-0.2%)

・為替
1USD= 3.4181 (+0,67)
1EUR= 4,026 (+0,79)
 100 円 =2.9064 (+0,47)


○○○○○ 11/11 ○○○○○

・独立記念日


***** コメント *****
 10日にマルチンキエヴィチ少数与党内閣が下院の信任を受けたことで、
9月の総選挙以来不透明であった政局も一応安定しました。右派保守の
法と正義(PiS)を軸として、信任票を投じたことで事実上閣外協力が決
定した左派ポピュリスト政党・自衛、極右・ポーランドの家族連盟、
ポーランド農民党の「反リベラル勢力」が脇を固めるといった体制が当面
続くと予想されます。
 政策の方向性としては、PiSが主張する内政強化・汚職撲滅を根底に置き、
支援政党が主張する社会・家族政策重視政策の傾向が強まると見られています。 
 信任投票直前に行われた所信表明演説では、特に経済政策が乏しく、具体性
を欠いたことから、新内閣による発表があるまで詳細は不明です。
****************

ウィークリー / 2005.11.14 22:36 / TB[0] / CM[0]


11月8日の出来事
マルチンキエヴィチ首相、主要政党と政府支持に関する協議を開始
- 法と正義(PiS)、ポーランドの家族連盟(LPR)と会談
 -LPRはやや政府支持に傾いている。

マルチンキエヴィチ首相、外交政策の継承を発表

クファシニエフスキ大統領、英・ブレアー首相と会談
-ポーランドはイラクの治安維持活動を延長する用意はあるが、
決定は新大統領・新政権にかかっているという見解を示す。

ベルカ前首相、OECD事務総長選で有力候補の一人に:OECD発表

ポーランド政府、総額500億円の15年国債を発行:財務省発表

冷凍食品会社・Jago、株式上場
 -今年で32番目株式デビュー会社

株式(終値)
WIG 32989.06 (-0.2%)
WIG20 2443.07 (-0.6%)

為替
1USD= 3.4301 (+0.77)
1EUR= 4.0264 (+0.11)
100 円 =2.9109 (+0.77)

デイリー / 2005.11.09 06:55 / TB[0] / CM[1]


11月7日の出来事
2006年度予算の財政赤字額は320億ズロチ以下
:マルチンキエヴィチ首相見解
-ベルカ前内閣が策定した予算案を補正し、赤字額を300億ズロチ以下に
引き下げる意向

独・仏との関係強化を希望:メレル外相見解

株式(終値)
WIG 33084.75 (-0.6%)
WIG20 2459.42(-0.3%)

為替
 1USD = 3.4039 (+2.24)
1EUR = 4.022 (+1.18)
 100円 = 2.8887 (+2.07)






デイリー / 2005.11.08 05:49 / TB[1] / CM[0]


ポーランドニュースレター11月7日号
――――――――――――――――――――――――――
<<< ポーランドニュースレター・2005年11月7日号 >>>
――――――――――――――――――――――――――


►►►►► 10月31日 ◀◀◀◀◀

◇ マルチンキエヴィチ内閣発足。市民プラットフォーム(PO)抜きの
  法と正義(PiS)の少数与党政権
 →新首相は、「国家の修理」を実現してゆくことを決意
 →所信表明演説は11月10日の見込み。その後信任投票へ。
 →早くも初閣議を招集。政府は当面、前政府が策定した2006年予算案
  の修正案に取り組む。
 →軍事情報機関の廃止や他情報機関改革を実施する意向。

◇ クファシニエフスキ大統領、国連事務総長就任に意欲

◇ クファシニエフスキ大統領、法と正義(PiS)の権力独占に危惧

◇ 株式市場(終値)
  -WIG   32024.41 (+0.9%)
  -WIG20  2339.28 (+0.9%)
  →MiDWIG指標が過去最高の1969.13ポイントを記録

◇ 為替
 -1USD=3.3067ズロチ (+0.72%)
 -1EUR=3.9893ズロチ (-0.02%)
 -100円=2.8531ズロチ (+0.09%) 

►►►►► 11月1日 ◀◀◀◀◀

◇ キリスト教の祭日・万霊節



►►►►► 11月2日 ◀◀◀◀◀

◇ マルチンキエヴィチ首相、市民プラットフォーム(PO)に政策協定
  を提案
 -予算関連法案に関して全面的に協力してゆくことを確認する内容
 →市民プラットフォーム(PO)はPiSが自衛(Samoobrona)及びポーラ
  ンドの家族連盟(LPR)と事実上提携関係にあるとして厳しく批判。  3党の関係が続く限りはPiSに協力しないという立場を貫く。
  

◇ 自衛(Samoobrona)・レッペル代表、法と正義(PiS)の政策を評価
 -10日に予定されている内閣信任投票で、PiSを支持する可能性大

◇ 現警察幹部の10%は旧社会主義体制で公安にいた人物
 :ドルン内務大臣見解
 -これら幹部を組織から排除する必要性を強調。
 -警視総監に元国境警備隊長官であったビェンコフスキ就任。警察組
  織外出身の総監登用に賛否両論

◇ ポーランド・ウクライナ政府、航空路線増加に関する条約に署名

◇ 株式市場(終値)
  -WIG   32801.74 (+2.4%)
  -WIG20  2415.79 (+3.2%)
  *** MIDWIGが終値最高値更新で1973.59ポイント


◇為替
 -1USD=3.2978ズロチ (-0.27%)
 -1EUR=3.9629ズロチ (-0.66%)
 -100円=2.8213ズロチ (-1.11%) 


►►►►► 11月3日 ◀◀◀◀◀

◇マルチンキエヴィチ内閣不信任を決定
 :市民プラットフォーム(PO)決定
 -PO・全国評議会は新内閣を不信任とすることを議決
 -マルチンキエヴィチ首相は、POは解散総選挙を狙っているとコメン  ト(同日朝の時点、POの内閣不信任決定以前)

◇ 2006年度財政赤字を310~320億ズロチへ拡大
  :ルビンスカ新財務大臣見解
 -マルチンキエヴィチ首相は300億ズロチ程度に収める意向を示してい
  るが、リビンスカ財務大臣は科学・ハイテク分野投資費用拡大が必
  要という見方。 
 
◇ 法と正義(PiS)支持率33%:GfK Polonia調査結果
 -市民プラットフォーム(PO)24%
 -自衛(Samoobrona) 9%
 -民主左翼同盟 (SLD) 6%
 -ポーランドの家族連盟(LPR)4%
 -ポーランド農民党(PSL)4%
 -ポーランド社会民主主義(SdPl )2%
 -民主党(PD)1%

◇ 国内治安局・バルチコフスキ局長辞任

◇ 下院、18名の弾劾裁判所裁判員選出

◇ ヤン・ロキタ、市民プラットフォーム(PO)副党首に就任

◇ イェジ・シュマイジンスキ前国防大臣、民主左翼同盟 (SLD) 議員
  クラブ会長に就任

◇ プシェミスワフ・ゴシェフスキ、PiS議員クラブ会長に就任
   
◇ 株式市場(終値)
  -WIG   33178.91 (+1.1%)
  -WIG20  2452.65 (+1.5%)
   *** MIDWIGがまた終値最高値更新で1983.98ポイント

◇為替
 -1USD=3.2893ズロチ (-0.26%)
 -1EUR=3.9685ズロチ (+0.14%)
 -100円=2.8158ズロチ (-0,19%) 


►►►►► 11月4日 ◀◀◀◀◀

◇ 議会の今会期中はユーロ導入の必要性はない
 :マルチンキエヴィチ首相見解
 -今後4年間にまず国家財政健全化とマーストリヒト条約に規定される
  諸条件の達成を目指すとして、同時期のユーロ導入は早すぎるとい
  う見方。

◇ 中央・県レベルの行政改革で年50億ズロチ歳出削減
 :マルチンキエヴィチ首相見解

◇ 2年間は現状維持で、中期的に医療制度改革:レリガ健康大臣見解
 -当面は、救急医療分野や専門性が高い医療分野などに対し国庫が
  100%費用を負担する、医療制度における健康省の発言権を拡大する  など、やや国家依存型へ軌道修正。その後、国民健康基金を解体・  新組織へ変更。将来的には、希望者に対する付加的な健康保険制度  も導入。
 
◇ 株式市場(終値)
  -WIG   33317.63 (+0.4%)
  -WIG20  2468.59 (+0.6%)
   
◇ 為替
 -1USD=3.3293ズロチ (+1.22%)
 -1EUR=3.9751ズロチ (+0.17%)
 -100円=2.83ズロチ (+0.50%) 




ウィークリー / 2005.11.07 08:22 / TB[0] / CM[0]


11月3日の出来事




マルチンキエヴィチ内閣を支持しないことを決定
 -市民プラットフォーム(PO)は全国評議会で新内閣を不信任とするこ
  とを議決
 -マルチンキエヴィチ首相は、POは解散総選挙を狙っているとコメン
  ト(同日朝の時点、PO評議会開始以前の発言)

2006年度財政赤字を310~320億ズロチへ拡大
 :ルビンスカ新財務大臣見解
 -マルチンキエヴィチ首相は300億ズロチ程度に収める意向を示してい
  るが、リビンスカ財務大臣は科学・ハイテク分野投資費用拡大が必
  要という見方。 
 
法と正義(PiS)支持率33%:GfK Polonia調査結果
 -市民プラットフォーム(PO)24%
 -自衛(Samoobrona) 9%
 -民主左翼同盟 (SLD) 6%
 -ポーランドの家族連盟(LPR)4%
 -ポーランド農民党(PSL)4%
 -ポーランド社会民主主義(SdPl )2%
 -民主党(PD)1%

国内治安局・バルチコフスキ局長辞任

下院、18名の弾劾裁判所裁判員選出

ヤン・ロキタ、市民プラットフォーム(PO)副党首に就任

イェジ・シュマイジンスキ前国防大臣、民主左翼同盟 (SLD) 議員クラブ会長に就任

プシェミスワフ・ゴシェフスキ、PiS議員クラブ会長に就任


   
株式市場(終値)
 -WIG   33178.91 (+1.1%)
 -WIG20  2452.65 (+1.5%)
 *** MIDWIGがまた終値最高値更新で1983.98ポイント

為替
 -1USD=3.2893ズロチ (-0.26%)
 -1EUR=3.9685ズロチ (+0.14%)
 -100円=2.8158ズロチ (-0,19%) 


デイリー / 2005.11.04 08:57 / TB[0] / CM[0]


11月2日の出来事
マルチンキエヴィチ首相、市民プラットフォーム(PO)に政策協定を提案
-予算関連法案に関して全面的に協力してゆくことを確認する内容
 →市民プラットフォーム(PO)はPiSが自衛(Samoobrona)及びポーラ
ンドの家族連盟(LPR)と事実上提携関係にあるとして厳しく批
判。3党の関係が続く限りはPiSに協力しないという立場を貫く。
→市民プラットフォーム(PO)が野党に残る公算強まる。

自衛(Samoobrona)・レッペル代表、法と正義(PiS)の政策を評価
-10日に予定されている内閣信任投票で、PiSを支持する可能性大。

現警察幹部の10%は旧社会主義体制で公安にいた人物
 :ドルン内務大臣見解
-これら幹部を組織から排除する必要性を強調。

ポーランド・ウクライナ政府、航空路線増加に関する条約に署名

株式市場(終値)
 WIG   32801.74 (+2.4%)
 WIG20  2415.79 (+3.2%)
 
為替
 1USD=3.2978ズロチ (-0.27%)
 1EUR=3.9629ズロチ (-0.66%)
 100円=2.8213ズロチ (-1.11%) 




デイリー / 2005.11.03 05:41 / TB[0] / CM[0]


11月1日の出来事
キリスト教の祭日・万霊節
 -日本の「お墓参り」的な祭日であるため、帰省ラッシュで幹線道路
  は渋滞。事故も多発している。
 
デイリー / 2005.11.02 03:35 / TB[0] / CM[0]


10月31日の出来事
マルチンキエヴィチ内閣発足。市民プラットフォーム(PO)抜きで、法と正義(PiS)の少数与党政権→新首相は、「国家の修理」を実現してゆくことを決意
→所信表明演説は11月10日の見込み。その後信任投票へ。
→早くも初閣議を招集。政府は当面、前政府が策定した2006年予算案の修正案に取り組む。
→軍事情報機関の廃止や他情報機関改革を実施する意向。

クファシニエフスキ大統領、国連事務総長就任に意欲

クファシニエフスキ大統領、法と正義(PiS)の権力独占に危惧

株式市場(終値)
 -WIG   32024.41 (+0.9%)
 -WIG20  2339.28 (+0.9%)
 →MiDWIG指標が過去最高の1969.13ポイントを記録

為替
 -1USD=3.3067ズロチ (+0.72%)
 -1EUR=3.9893ズロチ (-0.02%)
 -100円=2.8531ズロチ (+0.09%) 




デイリー / 2005.11.01 09:06 / TB[0] / CM[0]



 + 


週刊レポート     「ポーランド情勢」

ポーランドの政治情勢を中心に、社会、経済関連、さらにはEUと関連した出来事をコンパクトにまとめて毎週報告しています。

ポーランド研究に携わる方々をはじめ、報道関係や金融機関の皆様にも大好評。ご希望の方にはサンプルをお送りします。以下のメールフォームにと「サンプル希望」と書いてメールアドレスと一緒に送信してください。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。