ポーランド時事

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

最近の記事


ブログ検索


カテゴリー

デイリー=毎日のニュース、  ウィークリー=週の全ニュース


月別アーカイブ


リンク


累計訪問者数


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


10月29日の出来事
市民プラットフォーム(PO)との連立政権の可能性は25%
:マルチンキエヴィチ首相見解


サマータイム終了で、日本と欧州の時差8時間に30日午前3時に時計の針を午前2時に戻す。



スポンサーサイト
デイリー / 2005.10.30 07:25 / TB[0] / CM[2]


10月28日の出来事
政府の財政改革及び医療制度改革案をPO案に近づけることを発表
:マルチンキエヴィチ首相記者会見
-POは特別な反応を示さず、PiSとの連立協議を再開する姿勢は
見せていない

新内閣は法と正義(PiS)の少数与党政権になる見通し
:クファシニエフスキ大統領、マルチンキエヴィチ首相との会談後
のコメント

自衛(Samoobrona)との与党連立はない
:法と正義(PiS)・ドルン議員クラブ会長発言
-自衛・レッペル代表も現段階におけるPiSとの与党連立構築を否定

為替
1USD=3.2831(-0.41%)
1EUR=3.99 (-0.23%)
100円=2.8504 (-0.31%)
  
株式(終値)
WIG  31728.5 (+0.5%)
WIG20 2316.55 (+0.6%)
デイリー / 2005.10.29 03:35 / TB[0] / CM[0]


10月27日の出来事
法と正義(PiS)と市民プラットフォーム(PO)の連立協議、事実上決裂 -協議続行を呼びかけるPiSに対し、POは協議を続ける意味がないとし
  て反発 
 -「この件(法と正義(PiS)との連立協議に関する)はもう終わっ
   た。」:ロキタ副首相候補見解
 -PiSのドルン議員クラブ会長は、市民プラットフォーム(PO)に協議
  続行を呼びかけ

新内閣発表は31日に:マルチンキエヴィチ首相発表

場合によっては「法と正義(PiS)」の少数与党政権を支持する
 :ポーランドの家族連盟(LPR)見解





上院副議長3名が決定。POから立候補したニェショウォフスキ議員は賛成票が足りずに落選
 -下院副議長
  リシャルド・レグトゥコ (PiS)
  クシシュトフ・プトラ (PiS)
  マチェイ・プワジンスキ(無所属)

自衛(Samoobrona)レッペル代表、PiSとの与党連立を呼びかけ

ポーランド農民党(PSL)はPiSとの連立与党結成の可能性を否定

為替
 -法と正義(PiS)と市民プラットフォーム(PO)の連立協議決裂を受け
  て、ズロチ安に
 1USD=3.2967(+1.21%)
 1EUR=3.9993 (+1.61%)
 100円=2.8592 (+1.16%)
  
株式(終値)
 -政界の不安定要素は株価にも影響
 WIG  31549.78 (-1.3%)
 WIG20   2302.53 (-1.6%)
デイリー / 2005.10.28 04:49 / TB[0] / CM[0]


10月26日の出来事
市民プラットフォーム(PO)、法と正義(PiS)との連立協議を中断
 →下院が法と正義(PiS)のマレク・ユレク議員を下院議長に選出した  ことで、POが反発
  -市民プラットフォーム(PO)からはコモロフスキ元国防大臣が立候
   補したが、採決では133票のみ獲得。265票獲得したユレク議員に   大敗。
  -下院はまた、下院議長数を5つに増やす法案を賛成多数で採決。
   PiS以外の各党から1名づつ選出された。
  
    市民プラットフォーム(PO) ブロニスワフ・コモロフスキ
    ポーランド農民党(PSL) ヤロスワフ・カリノフスキ
    民主左翼同盟 (SLD)   ヴォイチェフ・オレイニチャク
    自衛(Samoobrona)    アンジェイ・レッペル
    ポーランドの家族連盟(LPR) マレク・コトリノフスキ

ポーランドの家族連盟(LPR)のヴジョダク議員、離党して新政党を旗揚げする意向

今年のGBP経済成長率は3.3%の見通し:市場経済研究協会(IBnGR)見解
-今年第4四半期のGDP成長率は4.7%の見込み

金融政策審議会(RPP)、主要金利を据え置き決定

為替
1USD=3,2573(-0,23%)
1EUR=3,936 (+0,23%)
100円=2,8265 (-0.19%)
  
株式(終値)
WIG  31986.97 (-0.4%)
WIG20 2340.24 (-0.8%)




デイリー / 2005.10.27 07:36 / TB[0] / CM[0]


10月25日の出来事
法と正義(PiS)と市民プラットフォーム(PO)、閣僚ポスト配分で衝突-大統領選挙が終了したことで両党は本格的連立与党協議を開始。
-PiSが内務省、法務省、検察庁、情報機関のポストを要求していることに対して、ロキタ副大統領候補が
「同分野の一党独裁は危険」として猛反対
-PO内で、PiSとの連立政権発足を反対する見解が増大

労組「連帯」、カチンスキ新大統領に「反リベラル政策実現」の期待
-「連帯」は基幹産業の民営化反対、被雇用者保護といった政策の主張。
-選挙キャンペーンでカチンスキが同政策を支持する姿勢を見せていた。

9月失業率は17.6%:中央統計局(GUS)発表
-不法労働者は減少。約130万人が不法労働。正規労働者数の9.6%に該当。

為替
1USD=3,2648(-0,18%)
1EUR=3,9268 (+0,57%)
100円=2,8318 (+0,21%)
  
株式(終値)
WIG  32146.66 (+0.8%)
WIG20 2360.77 (+0.9%)

全国のお買い得セール情報を網羅!新感覚ショッピングモール『セイルー』
デイリー / 2005.10.26 08:21 / TB[0] / CM[0]


10月24日の出来事
レフ・カチンスキ得票率54,04% :選挙管理委員会の決選投票結果公式結果
-ドナルド・トゥスク45,96%

市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首、下院議長には恐らく就任しない意向

31日に新内閣を発表する:マルチンキエヴィチ首相見解

法と正義(PiS)と市民プラットフォーム(PO)の不和を指摘
 :クファシニエフスキ大統領見解
 -カチンスキ次期大統領と新内閣の対立は不可欠で、PO内部で分裂が  生じる可能性もあるとコメント

為替
 -「反リベラル」のカチンスキの大統領就任が決定したことを受け
  て、ズロチは主要通貨に対してやや値を下げた
 1USD=3,2706(+0,88%)
 1EUR=3,9045 (0,00%)
 100円=2,8258 (+0,39%)
  
 株式(終値)
 -株式市場は大統領選挙の結果を静かに受け止めている
 WIG  31870,61 (+0,4%)
 WIG20 2339,41 (+0,6%)




デイリー / 2005.10.25 04:18 / TB[0] / CM[0]


大統領選挙決選投票の速報結果
23日に行われた大統領選挙決戦投票の速報結果によると、法と正義(PiS)のレフ・カチンスキが勝利を収めた。

GfKPoloniaの発表によると、カチンスキの得票率は53,52%、対立候補トゥスクの得票率は46,48%であった。投票率は50,62%と第1回投票をやや上回った。

また、OBOP・PBSのよると、カチンスキ得票率は52,8%、トゥスク得票率は47,2%であった。投票率は50,6%。

明日には選挙管理員会による公式結果発表が行われる見込み。
速報 / 2005.10.24 04:21 / TB[0] / CM[0]


大統領選挙決戦投票の行方は?
10月23日、大統領選挙の決選投票が行われています。

2週間前に行われた第1回投票では、市民プラットフォーム(PO)のトゥスクがライバルである法と正義(PiS)のカチンスキに約3%の差をつけ最多得票。しかし、50%以上の得票した候補者が不在であった為、両者間による決戦投票に流れ込んだわけです。

この間、レフ・カチンスキは攻撃的とも言える選挙キェンペーンを展開し、徐々にトゥスクとの差を縮めています。最終世論調査では、両者間の差が1.8%まで迫っています。この勢いだと、カチンスキがトゥスクに逆転勝利する可能性も十分に有りうるでしょう。

約8時間後には速報結果が発表されます。楽しみです。



論説 / 2005.10.23 19:44 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター10月24日号
―――――――――――――――――――――――――
<<<ポーランドニュースレター・2005年10月24日号>>>
―――――――――――――――――――――――――


○○○○○ 10/17 ○○○○

・大統領候補レフ・カチンスキ、農民に対するガソリン間接税特別控除導入
 を約束
 -農民層の支持取り付けを狙う
 -市民プラットフォーム(PO)はこれに反対

・大統領候補レフ・カチンスキ、中小企業支援を表明

・家禽の野外開放禁止:農業省週末に決定
 -鳥インフルエンザ欧州上陸を受けた感染防止対策

・今年9月末時点の財政赤字実績は約177億ズロチで年間予定額の50.8%
 :財務省発表

・ポーランド農民党(PSL)パヴラク党首、マルチンキエヴィチ首相候補と会談
 -新政府政策の大部分はPiSの政策となるという確約をもらったと会談後
  に発表

・法と正義(PiS)は国家財政の文化費増加に努める
 :ウヤズドフスキ議員(元文化大臣)見解

・今年第3四半期のGDP成長率予測を3.7%から3.4%へ下方修正
 :財務省発表

・為替
 - 1USD = 3.2368 (-1.13)
 - 1EUR= 3.903 (-0.79)
- 100円=2.8286 (-1.00)

・株式(終値)
 -WIG 31842.32 (+0.7%)
 -WIG20 2338.46 (+0.8)


○○○○○ 10/18 ○○○○○

・トゥスク優位を保持:OBOP大統領決選投票世論調査
 -トゥスク支持55%、カチンスキ支持45%

・米・露との外交関係変更を主張:トゥスク大統領候補見解

・バルツェロヴィチ中銀総裁は今季限りで終わり:カチンスキ大統領候補見解
 -大統領に就任したら、来年末で任期切れとなるバルツェロヴィチ総裁に
  2期目の続投は薦めないという見解

・市民プラットフォーム(PO)の下院議長候補はコモロフスキ元防衛大臣

・SDLはトゥスク、カチンスキどちらの候補も支持しない
 :民主左翼同盟 (SLD)オレイニチャク党首発表

・自衛(Samoobrona)レッペル代表、有権者にカチンスキ指示を呼びかけ
 -リベラル主義者にポーランドを手渡したくなければカチンスキに投票
  すべきとコメント 

・民主党(PD)・ボフニャシュ大統領候補、自党支持者にトゥスク支持を
 呼びかけ

・為替
 - 1USD = 3.2486 (0.36)
 - 1EUR= 3.8886 (-0.37)
- 100円=2.8066 (-0.78)

・株式(終値)
 -WIG 31899.11 (+0.1%)
 -WIG20 2346.82 (+0.3%)


○○○○ 10/19 ○○○○○

・クファシニエフスキ大統領、第5期下院招集、マルチンキエヴィチを首相
 に任命
 -下院議長の選出は行わず。26日に再会。
 -ベルカ内閣は解散(次期内閣発足までは職務を遂行する)

・ヴジョダク政策局長、ポーランドの家族連盟(LPR)議員クラブから除籍

・9月鉱工業生産、先月比で9.8%増加:中央統計局(GUS)発表

・法と正義(PiS)は、市民プラットフォーム(PO)以外の政党との連立政権を
 組むことも十分有りうる:クファシニエフスキ大統領見解
 -議会選挙後に十分時間があったにもかかわらず、POとPiSがこの日まで
  下院議長候補を擁立できなかったことを批判。

・世論調査で大統領候補両者の差が縮まる
 -Fakt紙が行った世論調査では、トゥスク支持54%に対し、カチンスキ支持
  46%

・カチンスキ大統領候補選挙事務所長・ジョブロ議員、市民プラットフォーム 
 (PO)議員数名の疑惑を解明するようトゥスクに要請

・学校投票ではトゥスクの勝利
 -全国900の中学・高校で生徒対称に行われた大統領選挙決戦投票では、
  59%の得票率でトゥスク勝利。カチンスキは41%得票。

・為替
 - 1USD = 3.2661 (+0.54)
 - 1EUR= 3.8899 (+0.03)
- 100円=2.8227 (+0.57)

・株式(終値)
 -WIG 31271.9 (-1.9%)
 -WIG20 2293.23 (-2.2%)



○○○○○ 10/20 ○○○○○

・トゥスク支持54%:CBOS大統領選挙決選投票世論調査
 -カチンスキ支持は46%で両者間の差は8%

・トゥスク支持53%:OBOP大統領選挙決選投票世論調査
 -カチンスキ支持は47%で両者間の差は6%

・トゥスク支持56%:「ジェチュポスポリタ」新聞大統領選挙決選投票世論調査
 -カチンスキ支持は44%で両者間の差は12%

・上院議長に無所属のボグダン・ボルセヴィチ(Bogdan Borusewicz)就任

・法と正義(PiS)の連立相手は市民プラットフォーム(PO)だけ
 :マルチンキエヴィチ首相候補見解

・自衛(Samoobrona)、ポーランドの家族連盟(LPR)、ポーランド農民党(PSL)
 、ラジオ番組で法と正義(PiS)に対し4党連立結成を呼びかけ

・農業労組「祖国」、カチンスキ支持を表明


・為替
 - 1USD = 3.2542 (-0.36)
 - 1EUR= 3.898 (+0.21)
- 100円=2.82 (-0.10)

・株式(終値)
 -WIG 31761.22 (1.5%)
 -WIG20 2234.17 (1.7%)


○○○○○ 10/21 ○○○○○

・カチンスキ、トゥスクに4ポイント差まで迫る
 :ヴィボルチャ新聞・大統領選挙決選投票世論調査
 -トゥスク支持52%に対し、カチンスキ支持48%

・トゥスク支持50.9でカチンスキに対し僅か1.8%リード
 :国営テレビTVP世論調査
 -カチンスキ支持は49.1%

・PiS-PO連立内閣設立に何の障害もない:レフ・カチンスキ大統領候補見解

・オレクシ元首相、「潔白裁判」で黒:潔白裁判所の第2審判決
 -被告側は判決を不服として上告を主張している。

・政界の意思があれば2009年ユーロ導入はまだ間に合う
 :グロニツキ財務大臣見解
 -できるだけ早くユーロを導入すべきだが、法と正義(PiS)の政策は財政
  赤字を拡大する恐れがあるとコメント。

・為替
 - 1USD = 3.2421 (-0.37)
 - 1EUR= 3.9045 (+0.17)
- 100円=2.8147 (-0.19)


・株式(終値)
 -WIG 31727.44 (-0.1%)
 -WIG20 2323.23 (-0.4%)
  *MIDWIG(中堅企業40社で構成される指標)が過去最高値を記録


******コメント******
 今日はいよいよ大統領選挙の決選投票です。数時間後には速報結果が
発表されます。激しいラストスパートを見せたカチンスキが逆転勝利す
る可能性も十分有りうる情勢のため、結果が非常に気になります。
****************





ウィークリー / 2005.10.23 19:36 / TB[0] / CM[0]


10月20日の出来事
トゥスク支持54%:CBOS大統領選挙決選投票世論調査
-カチンスキ支持は46%で両者間の差は8%

トゥスク支持53%:OBOP大統領選挙決選投票世論調査
-カチンスキ支持は47%で両者間の差は6%

トゥスク支持56%:「ジェチュポスポリタ」新聞大統領選挙決選投票世論調査
-カチンスキ支持は44%で両者間の差は12%

上院議長に無所属のボグダン・ボルセヴィチ(Bogdan Borusewicz)就任

法と正義(PiS)の連立相手は市民プラットフォーム(PO)だけ:マルチンキエヴィチ首相候補見解

自衛(Samoobrona)、ポーランドの家族連盟(LPR)、ポーランド農民党(PSL)、ラジオ番組で法と正義(PiS)に対し4党連立結成を呼びかけ

農業労組「祖国」、カチンスキ支持を表明








為替
- 1USD = 3.2542 (-0.36)
- 1EUR= 3.898 (+0.21)
- 100円=2.82 (-0.10)

株式(終値)
-WIG 31761.22 (1.5%)
-WIG20 2234.17 (1.7%)
デイリー / 2005.10.21 04:23 / TB[0] / CM[0]


10月19日の出来事





クファシニエフスキ大統領、第5期下院招集、マルチンキエヴィチを首相に任命
-下院議長の選出は行わず。26日まで会期中断。
-ベルカ内閣は解散(次期内閣発足までは職務を遂行する)。

ヴジョダク政策局長、ポーランドの家族連盟(LPR)議員クラブから除籍

9月鉱工業生産、先月比で9.8%増加:中央統計局(GUS)発表

法と正義(PiS)は、市民プラットフォーム(PO)以外の政党との連立政権を組むことも十分有りうる:クファシニエフスキ大統領見解
-議会選挙後に十分時間があったにもかかわらず、POとPiSがこの日まで下院議長候補を擁立できな
かったことを批判。下院の初日に下院議長が決まらなかったことを問題視。

世論調査で大統領候補両者の差が縮まる
-Fakt紙が行った世論調査では、トゥスク支持54%に対し、カチンスキ支持46%。

カチンスキ大統領候補選挙事務所長・ジョブロ議員、市民プラットフォーム(PO)議員数名の疑惑を解明するようトゥスクに要請

学校投票ではトゥスクの勝利
-全国900の中学・高校で生徒対称に行われた大統領選挙決戦投票では、59%の得票率でトゥスク勝利。カチンスキは41%得票。

為替
- 1USD = 3.2661 (+0.54)
- 1EUR= 3.8899 (+0.03)
- 100円=2.8227 (+0.57)

株式(終値)
-WIG 31271.9 (-1.9%)
-WIG20 2293.23 (-2.2%)

デイリー / 2005.10.20 05:18 / TB[1] / CM[0]


10月18日の出来事
トゥスク優位を保持:OBOP大統領決選投票世論調査
-トゥスク支持55%、カチンスキ支持45%

米・露との外交関係変更を主張:トゥスク大統領候補見解

バルツェロヴィチ中銀総裁は今季限りで終わり :カチンスキ大統領候補見解
-大統領に就任したら、来年末で任期切れとなるバルツェロヴィチ
総裁に2期目の続投は薦めないという見解

市民プラットフォーム(PO)の下院議長候補はコモロフスキ元防衛大臣

SDLはトゥスク、カチンスキどちらの候補も支持しない
:民主左翼同盟 (SLD)オレイニチャク党首発表

自衛(Samoobrona)レッペル代表、有権者にカチンスキ指示を呼びかけ
―リベラル主義者にポーランドを手渡したくなければカチンスキに
投票すべきとコメント 

民主党(PD)・ボフニャシュ大統領候補、自党支持者にトゥスク支持
を呼びかけ


為替
- 1USD = 3.2486 (0.36)
- 1EUR= 3.8886 (-0.37)
- 100円=2.8066 (-0.78)

株式(終値)
-WIG 31899.11 (+0.1%)
-WIG20 2346.82 (+0.3%)




デイリー / 2005.10.19 04:38 / TB[0] / CM[0]


紅葉
ポーランドではもう紅葉が始まっています。

セントラルヒーティングも先週ONになりました。

2週間前の晴天とは対照的に、ここ数日は曇天。

この写真を撮った日は、最後の青空だったかな?
今は灰色の空をバックに、黄色がかかった木々が
憂鬱感を強調しています。

冬の到来を連想せずにはいられません。




10月17日の出来事
大統領候補レフ・カチンスキ、農民に対するガソリン間接税特別控除導入を約束 -農民層の支持取り付けを狙う
-市民プラットフォーム(PO)はこれに反対

大統領候補レフ・カチンスキ、中小企業支援を表明

鳥の野外開放禁止:農業省週末に決定 -鳥インフルエンザ欧州上陸を受けた感染防止対策

今年9月末時点の財政赤字実績は約177億ズロチで年間予定額の50.8%:財務省発表

ポーランド農民党(PSL)パヴラク党首、マルチンキエヴィチ首相候補と会談 -新政府政策の大部分はPiSの政策となるという確約をもらったと
会談後に発表

法と正義(PiS)は国家財政の文化費増加に努める:ウヤズドフスキ議員(元文化大臣)見解

年第3四半期のGDP成長率予測を3.7%から3.4%へ下方修正:財務省発表

為替
- 1USD = 3.2368 (-1.13)
- 1EUR= 3.903 (-0.79)
- 100YEN=2.8286 (-1.00)

株式(終値)
-WIG 31842.32 (+0.7%)
-WIG20 2338.46 (+0.8)






デイリー / 2005.10.18 18:49 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター10月17日号
――――――――――――――――――――――――――――――
<<< ポーランドニュースレター・2005年10月17日号  >>>
――――――――――――――――――――――――――――――

○○○○○ 10/9 ○○○○

・大統領選挙で市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首が最多得票
 -得票率50%以上の候補者不在により、法と正義(PiS)・カチンス
  キ候補と23日に決選投票
 -選挙公式結果:投票率49.74%
  -ドナルド・トゥスク36.33%
  -レフ・カチンスキ33.10%
  -アンジェイ・レッペル15.11%
  -マレク・ボロフスキ10.33%
  -ヤロスワフ・カリノフスキ1.80%


○○○○○ 10/10 ○○○○○

・マルチンキエヴィチ首相候補、より具体的な新政府政策を発表
 -「国家の修理」が最重要課題
 -発表直後、ロキタ副首相候補と協議

・新内閣発足は大統領選挙決選投票の少し後になる
 :ロキタ副首相候補見解

・市民プラットフォーム(PO)、ドイツ政治情勢に満足  
 -メルケル新首相はポーランドの事情をシュレーダーより良く理解し
  ている:トゥスク見解
 -CDU/CSUとSPDによる大連立発足はポーランドに朗報
  :ロキタ副首相見解

・対ロシア輸出増加:経済省発表
 -昨年の対ロシア輸出総額280億USDから今年は400億ドルへ達する
  見通し

・為替
 -1USD=3.1986ズロチ(-1.27)
 -1EURO=3.8838 ズロチ(-1,39)
 -100円=2.8105ズロチ(-1.64)

・株式(終値)
 -WIG 32709.1(0%)
 -WIG20 2419.7(0%)


○○○○○ 10/11 ○○○○○

・トゥスク支持率伸びる:大統領選挙第1回投票後のヴィボルチャ
 新聞世論調査
 -決選投票でのトゥスク支持は56%で、44%のカチンスキを大きく
  引き離す

・ポーランドで鳥インフルエンザがヒトに感染する可能性はまずない
  :衛生局見解
 

・為替
 -1USD=3.214ズロチ(+0.48)
 -1EURO=3.8693 ズロチ(-0.37)
  →一時2年ぶりの最安値3.8575を記録
 -100円=2.8229ズロチ(+0.44)

・株式(終値)
 -WIG 33153,19 (+1.3%)
 -WIG20 2460.08 (+1.6%)


○○○○○ 10/12 ○○○○○

・治安がやや向上:警察庁発表
 -殺人事件が前年比で21%減少。強盗事件も減少。検挙率もやや向上

・更なるズロチ高の可能性:オルウォフスキ大統領経済顧問見解
 -中銀の独立性が今後も保たれれば、1ユーロ=3.5ズロチ水準までズ
  ロチ高が進むことも除外しきれないという見解

・為替
 -1USD=3.2345ズロチ(+0.64)
 -1EURO=3.2345 ズロチ(+0.18)
 -100円=2.8231ズロチ(+0.01)

・株式(終値)
 -WIG 3289.81 (-0.7%)
 -WIG20 2432.18 (-1.1%)


○○○○○ 10/13 ○○○○○

・リベラル主義者が大統領になれば、中流・下流階級層には危険
 :レフ・カチンスキ大統領候補発言

・ボロフスキ・ポーランド社会民主主義(SdPl )党首、大統領選で
 トゥスクを条件付支持

・レリガ上院議員(大統領候補だった)、法と正義(PiS)の医療制度
 改革政策を批判

・PiS-POの連立政権発足は10月28日、遅くとも31日までには確実
 :マルチンキエヴィチ首相候補見解

・8月の貿易赤字3,8億ユーロ:ポーランド中銀発表

・金融政策審議会(RPP)、2006年予算も問題指摘
 -国家財政赤字額の増加の危険性、税収を多く見込み過ぎなど。

・為替
 -1USD=3.2563ズロチ(+0.67)
 -1EURO=3.902 ズロチ(+0.66)
 -100円=2.8374ズロチ(+0.51)

・株式(終値)
 -WIG 31792.59 (-3.3%)
 -WIG20 2336.38 (-3.9%)


○○○○○ 10/14 ○○○○○

・次期連立内閣の政策協議、相違点まだ多い
 ―PiS・マルチンキエヴィチ首相候補とPO・ロキタ副首相候補は政策
  協議がやや前進とコメントしたが、具体的な政策の摺りあわせには
  まだ発展していない模様。

・ポーランド農民党(PSL)、大統領選挙決選投票でカチンスキ支持を
 表明

・ボロフスキ・ポーランド社会民主主義(SdPl )党首、個人的にトゥス
 ク支持を表明
 -トゥスクに対し、SdPlの党としての支持が欲しければPiSが主張して
  いる改憲を後押ししないことなどの条件を提示した。

・トゥスク支持57%でカチンスキとの差がさらに開く
 :大統領選挙決選投票に関する日刊紙fakt世論調査
 -カチンスキ支持は43%。

・2005年海外直接投資総額は昨年の78.9億ズロチを越えるが、100億ドル に届くか微妙:ズデンブスキPIAZ所長見解

・9月のインフレ上昇率は1.8%(前年同月比):中央統計局(GUS)発表

・1ズロチの適正水準は4.1~4.2ユーロ
   :マルチキエヴェチ首相候補見解
 ―主要金利も2.5%~3%まで引き下げても危険はないという見解。

・為替
 -1USD=3.2738ズロチ(+0.54)
 -1EURO=3.934 ズロチ(+0.82)
 -100円=2.8571ズロチ(+0.69)

・株式(終値)
 -WIG 31599.89 (-0.6%)
 -WIG20 2318.77 (-0.7%)


○○○○○ 10/15 ○○○○○

・自衛(Samoobrona)・レッペル代表、条件付でカチンスキ支持を表明
 -EU加盟条約の再交渉を要求→直接農業補助金支給額を旧15カ国と同
  水準に

・ポーランド農民党(PSL)パヴラク党首、大統領選挙決選投票における カチンスキ支持を表明

・トゥスク支持57%:OBOP大統領決選投票世論調査
 -カチンスキ支持は43%

・ポーランドの家族連盟(LPR)内紛でブジョダク政策部長解任
 -議会選挙後、ギェルティフとブジョダク間で対立が先鋭化して
  いた。


○○○○○ 10/16 ○○○○○

・ポーランド国内で「ローマ法王の日」
 -同式典は今年で5年目。逝去したヨハネ・パウロ2世の教えを伝
  える。


*****コメント*****
9日に行われた大統領選挙では予想通り得票率50%以上の候補者が不在であった為、市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首とカチンスキ・現ワルシャワ市長の上位2名による決選投票が決定しました。
目下、両者は選挙キャンペーンで全国を遊説するなど、23日の決選投票で勝利を手中に収めようと精力的に動いています。世論調査ではトゥスクの優勢が伝えられていますが、カチンスキは他政党や労組などの支持取り付けに成功しており、まだまだ侮れない存在です。今週は選挙戦も大詰めを迎えることで、激しさを増すことになるでしょう。何が起こるかわからないポーランド政界だけに、23日日曜日に夜8時(現地時間)に発表される速報結果が今から楽しみです。
*************




ウィークリー / 2005.10.17 19:01 / TB[0] / CM[0]


10月13日の出来事
リベラル主義者が大統領になれば、中流・下流階級層には危険
:レフ・カチンスキ大統領候補発言

ボロフスキ・ポーランド社会民主主義(SdPl )党首、大統領選でトゥスクを条件付支持

レリガ上院議員(大統領候補だった)、法と正義(PiS)の医療制度改革政策を批判

・為替-1USD=3.2563ズロチ(+0.67)
-1EURO=3.902 ズロチ(+0.66)
-100円=2.8374ズロチ(+0.51)

・株式(終値)
-WIG 31792.59 (-3.3%)
-WIG20 2336.38 (-3.9%)
デイリー / 2005.10.14 04:30 / TB[0] / CM[0]


10月12日の出来事
治安がやや向上:警察庁発表
-殺人事件が前年比で21%減少。強盗事件も減少。検挙率もやや向上

為替
-1USD=3.2345ズロチ(+0.64)
-1EURO=3.2345 ズロチ(+0.18)
-100円=2.8231ズロチ(+0.01)

株式(終値)
-WIG 3289.81 (-0.7%)
-WIG20 2432.18 (-1.1%)







デイリー / 2005.10.13 02:56 / TB[0] / CM[0]


10月11日の出来事
トゥスク支持率増加
:大統領選挙第1回投票後のヴィボルチャ新聞世論調査
-決選投票でのトゥスク支持は56%で、44%のカチンスキを大きく
引き離す

ポーランドで鳥インフルエンザがヒトに感染する可能性はまずない
:衛生局見解
 
為替-1USD=3.214ズロチ(+0.48)
-1EURO=3.8693 ズロチ(-0.37)
-100円=2.8229ズロチ(+0.44)

株式(終値)
-WIG 33153,19 (+1.3%)
-WIG20 2460.08 (+1.6%)



NTT東日本運営の無料「簡易診断ウェブサイト」。「セキュリティ簡易診断」「TCO測定」「ネットワークコストシミュレーション」の3つを無料で診断!



デイリー / 2005.10.12 03:18 / TB[0] / CM[0]


10月10日の出来事
マルチンキエヴィチ首相候補、より具体的な新政府政策を発表
-「国家の修理」が最重要課題
-発表直後、ロキタ副首相候補と協議

新内閣発足は大統領選挙決選投票の少し後になる
:ロキタ副首相候補見解

市民プラットフォーム(PO)、ドイツ政治情勢に満足  
―メルケルはポーランドの事情をシュレーダーより良く理解している: トゥスク見解
-CDU/CSUとSPDによる大連立はポーランドに朗報:ロキタ副首相見解

為替-1USD=3.1986ズロチ(-1.27)
-1EURO=3.8838 ズロチ(-1,39)
-100円=2.8105ズロチ(-1.64)

株式(終値)
-WIG 32709.1(0%)
-WIG20 2419.7(0%)







デイリー / 2005.10.11 05:34 / TB[0] / CM[0]


大統領選挙結果
10月9日に行われた大統領選挙で市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首が最多得票

得票率50%以上の候補者不在により、得票率2位の法と正義(PiS)・カチンスキ候補と決選投票

選挙公式結果:投票率49.74%
-ドナルド・トゥスク    36.33%
-レフ・カチンスキ     33.10%
-アンジェイ・レッペル   15.11%
-マレク・ボロフスキ    10.33%
-ヤロスワフ・カリノフスキ 1.80%


速報 / 2005.10.11 05:34 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター10月10日号
――――――――――――――――――――――――――――
<<< ポーランドニュースレター・2005年10月10日号 >>>        

――――――――――――――――――――――――――――



○○○○○ 10/3 ○○○○

・米・PCメーカーのデル、ポーランド海外投資庁と投資協議中
:ポーランドプレス協会
-ウッジが投資先として有力。3週間以内には最終決定の見通し。

・ 次期与党・法と正義(PiS)の経済政策導入コストは140億ズロチ
:マルチンキエヴィチ首相候補見解
-また、ユーロ導入は2009年に間に合わないという見解。

・今年9月30日までの民営化収入は23億ズロチ:理財省発表
-通年見通し額56億ズロチの40,7%にあたる。

・市民プラットフォーム(PO)の副首相候補はヤン・ロキタ(Jan Rokita)
:PO・トゥスク党首発表

・法と正義(PiS)・ドルン議員クラブ会長、野党代表者と協議
-民主左翼同盟 (SLD) と自衛(Samoobrona)と協議し、各党に副下院議長
ポストを約束。

・レフ・カチンスキ大統領候補、自著の「大統領倫理規範」を
マルチンキエヴィチ首相候補に渡す
-閣僚や高官の権限や義務を明確に規定したもので、新政府はこの法制化を
目指す。

・トゥスク支持41%で優位:OBOP大統領候補支持率調査
-カチンスキ支持は34%。

・ワルシャワ証券取引所の取引時間が40分延長に
-取引開始時間が10時から9時半に繰り上げ、終了時間は16時10分から
16時20分へ。

・株式指標(終値)
-WIG 34281,24 (+1.4%)
-WIG20 2564.88 (+1.8%)

・為替(終値)
-1USD=3,2799ズロチ (+0.69%)
-1Euro=3.9158ズロチ (-0.22%)
-100円=2.8795ズロチ (0,10%)


○○○○○ 10/4 ○○○○○

・自衛(Samoobrona)・レッペル代表、左翼有権者層に支持を呼びかけ
-大統領選挙で左翼票の獲得を狙う

・ポーランドの家族連盟(LPR)、法と正義(PiS)に与党連立結成を呼びかける
-ポーランド農民党(PSL)と自衛(Samoobrona)とともに4党連立
    →PiSはこの可能性を否定

・PiS・マルチンキエヴィチ首相候補、PO・リキータ副首相候補と1時間半協議

・PiS・ドルン議員クラブ会長、野党協議終える
-各党から1名づつ下院運営委員会へ委員を召集する意向

・ポーランドの家族連盟(LPR)の大統領候補、マチェイ・ギェルティフ立候補
を断念

・旧ポーランド国鉄PKP、資産管理に問題:最高監査局(NIK)レポート

・今年上半期、銀行セクターの純利益は46,8億ズロチで25.7%上昇
(前年同期比):中央統計局(GUS)

・株式指標(終値) 
-WIG 34179.37 (-0.2%)
-WIG20 2554.79 (-0.3%)

・為替(終値)
-1USD=3,2978ズロチ (+0.55%)
-1Euro=3.9322ズロチ (+0.42%)
-100円=2.8832ズロチ (+0,13%)


○○○○○ 10/5 ○○○○○

・ポーランドの家族連盟(LPR)、自衛(Samoobrona)とポーランド農民党
(PSL)に協力を呼びかけ
-法と正義(PiS)を含めた4党による連立与党発足を試みる動き

・トゥスク、52%獲得で決選投票を待たずに勝利
:「ヴィボルチャ」新聞世論調査
-ワルシャワ市民のみを対象におこなった大統領候補支持に関する世論調査で
レフ・カチンスキ支持は28%。

・トゥスク支持45%:OBOP大統領候補支持率世論調査
-レフ・カチンスキ支持は34%

・10月末までに組閣する:マルチンキエヴィチ首相候補見解

・9月末時点の国家財政赤字実績は予定額の51%
:スホツカ-ログスカ財務副大臣発表

・議会選挙後、法と正義(PiS)の支持率増加:ヴィボルチャ新聞世論調査
-法と正義(PiS)支持32%で2位で26%の市民プラットフォーム(PO)
を突き放す。
-自衛(Samoobrona)13%、民主左翼同盟 (SLD) 9%、ポーランドの家族連盟
(LPR)6%
-ポーランド農民党(PSL)6%
   
・株式指標(終値) 
-WIG 33708.53 (-1.3%)
-WIG20 2508.9 (-1.7%)

・為替(終値)
-1USD=3,2857ズロチ (-0.37%)
-1Euro=3.9293ズロチ (-0,07%)
-100円=2.8901ズロチ (+0,24%)



○○○○○ 10/6 ○○○○○

・新内閣の組閣は大統領選挙の決戦投票後:マルチンキエヴィチ首相候補見解

・国営企業の代表取締役はヘッドハンティングで採用
:マルチンキエヴィチ首相候補見解

・ ポーランドの家族連盟(LPR)、大統領選でカチンスキ支持を表明

・トゥスク支持40%:OBOP大統領候補支持率調査
―カチンスキ34%

・イコノヴィチ、極左新政党の結成を宣言

・市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首、法と正義(PiS)の医療政策を批判

・株式指標(終値)
-WIG 32700.55 (-2.93%)
-WIG20 2418.65 (-3.5%)

・為替(終値)
-1USD=3,2613ズロチ (-0.74%)
-1Euro=3.9311ズロチ (+0,05%)
-100円=2.8647ズロチ (-0.88%)


○○○○○ 10/7 ○○○○○

・大統領選挙前の最終世論調査でトゥスク支持率40%:ヴィボルチャ新聞
-カチンスキ支持は34%

・9月の新車販売台数は17317台で過去最低:SAMAR調査

・株式指標(終値)
-WIG 32700.71 (0.0%)
-WIG20 2421.12 (+0.1%)

・為替(終値)
-1USD=3,2398ズロチ (-0.66%)
-1Euro=3.9384ズロチ (+0.19%)
-100円=2.8574ズロチ (-0.25%)






***********************コメント**********************************
今日9日、大統領選挙が行われました。早速メディアによる速報結果が出
ています。事前予想通り、市民プラットフォーム(PO)のトゥスク党首が
約38%を獲得しトップ。2位は約5%差で法と正義(PiS)のレフ・カチン
スキ。投票率は50%弱です。しかし得票率50%を超えた候補者がいないの
で、2週間後には両者による決選投票が行われます。
*****************************************************************


登録・登録解除は下記へどうぞ。
http://polandjousei.republika.pl/mailmagazine.htm 
発行責任者:抜井 宏樹
お問い合わせpolandnl@interia.pl

ウィークリー / 2005.10.10 05:20 / TB[0] / CM[0]


10月6日の出来事
・新内閣の組閣は大統領選挙の決戦投票後
:マルチンキエヴィチ首相候補見解

・国営企業の代表取締役はヘッドハンティングで採用
:マルチンキエヴィチ首相候補見解

・ポーランドの家族連盟(LPR)、大統領選でカチンスキ支持を表明

・トゥスク支持40%:OBOP大統領候補支持率調査
―カチンスキ34%

・イコノヴィチ、極左新政党の結成を宣言

・市民プラットフォーム(PO)・トゥスク党首、法と正義(PiS)
の医療政策を批判


・株式指標(終値)
-WIG 32700.55 (-2.93%)
-WIG20 2418.65 (-3.5%)

・ 為替(終値)
-1USD=3,2613ズロチ (-0.74%)
-1Euro=3.9311ズロチ (+0,05%)
-100円=2.8647ズロチ (-0.88%)








デイリー / 2005.10.07 06:25 / TB[0] / CM[0]


10月5日の出来事
・ポーランドの家族連盟(LPR)、自衛(Samoobrona)とポーランド農民
党(PSL)に協力を呼びかけ

-法と正義(PiS)を含めた4党による連立与党発足を試みる動き

・トゥスク、52%獲得で決選投票を待たずに勝利
:「ヴィボルチャ」新聞世論調査
-ワルシャワ市民のみを対象におこなった大統領候補支持に関する
世論調査で、レフ・カチンスキ支持は28%。

・トゥスク支持45%:OBOP大統領候補支持率世論調査
-レフ・カチンスキ支持は34%

10月末までに組閣する:マルチンキエヴィチ首相候補見解

株式指標(終値)
 
-WIG 33708.53 (-1.3%)
-WIG20 2508.9 (-1.7%)

為替
-1USD=3,2857ズロチ (-0.37%)
-1Euro=3.9293ズロチ (-0,07%)
-100円=2.8901ズロチ (+0,24%)


名刺が安い!




デイリー / 2005.10.06 07:42 / TB[0] / CM[0]


10月4日の出来事
○○○○○ 10/4 ○○○○○

・自衛(Samoobrona)・レッペル代表、左翼有権者層に支持を呼びかけ -大統領選挙で左翼票の獲得を狙う

・ポーランドの家族連盟(LPR)、法と正義(PiS)に与党連立結成を呼び かける
 -ポーランド農民党(PSL)と自衛(Samoobrona)とともに4党連立
  →PiSはこの可能性を否定

PiS・マルチンキエヴィチ首相候補、PO・リキータ副首相候補と1時間半協議

・PiS・ドルン議員クラブ会長、野党協議終える 
-各党から1名づつ下院運営委員会へ委員を召集する意向

・ポーランドの家族連盟(LPR)の大統領候補、マチェイ・ギェルティフ立候補を断念

・旧ポーランド国鉄PKP、資産管理に問題:最高監査局(NIK)レポート

・今年上半期、銀行セクターの純利益は46,8億ズロチで
 25.7%上昇(前年同期比)
:中央統計局(GUS)

株式指標(終値) 
 -WIG 34179.37 (-0.2%)
 -WIG20 2554.79 (-0.3%)

為替
 -1USD=3,2978ズロチ (+0.55%)
 -1Euro=3.9322ズロチ (+0.42%)
 -100円=2.8832ズロチ (+0,13%)


家庭用ビデオ・オン・デマンド




デイリー / 2005.10.05 04:56 / TB[0] / CM[0]


10月3日の出来事
米・PCメーカーのデル、ポーランド海外投資庁と投資協議中 :ポーランドプレス協会
-ウッジが投資先として有力。3週間以内には最終決定の見通し。

次期与党・法と正義(PiS)の経済政策導入コストは140億ズロチ
:マルチンキエヴィチ首相候補見解
-また、ユーロ導入は2009年に間に合わないという見解。

今年9月30日までの民営化収入は23億ズロチ:理財省発表
-通年見通し額56億ズロチの40,7%にあたる。

市民プラットフォーム(PO)の副首相候補は
ヤン・ロキタ(Jan Rokita):
PO・トゥスク党首発表

法と正義(PiS)・ドルン議員クラブ会長、野党代表者と協議
-民主左翼同盟 (SLD) と自衛(Samoobrona)と協議し、
各党に副下院議長ポストを約束。

・レフ・カチンスキ大統領候補、自著の「大統領倫理規範」を
マルチンキエヴィチ首相候補に渡す

-閣僚や高官の権限や義務を明確に規定したもので、新政府は
この法制化を目指す。

・トゥスク支持41%で優位:OBOP大統領候補支持率調査
-カチンスキ支持は34%。

・ワルシャワ証券取引所の取引時間が40分延長に
-取引開始時間が10時から9時半に繰り上げ、
終了時間は16時10分から16時20分へ。

株式指標(終値) 
-WIG 34281,24 (+1.4%)
-WIG20 2564.88 (+1.8%)

為替
-1USD=3,2799ズロチ (+0.69%)
-1Euro=3.9158ズロチ (-0.22%)
- 100円=2.8795ズロチ (0,10%)



格安海外航空券!



デイリー / 2005.10.04 03:45 / TB[0] / CM[0]


ポーランドニュースレター10月3日号
――――――――――――――――――――――――――――
<<< ポーランドニュースレター・2005年10月3日号 >>>
――――――――――――――――――――――――――――


○○○○○ 9/27 ○○○○○

・カチンスキ、トゥスクとの差を縮める
-OBOP大統領候補支持率世論調査
    -議会選挙後のトゥスク支持率41%、選挙前の43%に比し2%低下
    -カチンスキ支持は31%から32%へ上昇
    -決選投票における支持率もトゥスクのリードは8%から6%へ縮まる。
 
・ボロフスキ・ポーランド社会民主主義(SdPl )党首、左翼支持層に
バックアップを呼びかけ
-政界における右派勢力の台頭を食い止めるために、大統領ポストは左派に
渡るべきという見解。
-同氏はまた、SLDに対し支持を促す発言。

・保守右翼政党・愛国運動(RP)、大統領にカチンスキ支持を呼びかけ

・、独自の2006年予算案を用意:法と正義(PiS)発表
-現政府が作成した予算原案は次期政権に変更される可能性が強い。
    -PO-PiSは来年度予算の財政赤字を300億ズロチ水準に抑える意向
-同日、政府が2006年度予算原案を承認
-歳入約2238億ズロチ、歳出約1912億ズロチ。財政赤字は326億ズロチ
前後の水準。
-推定値:経済成長4.3%、インフレ1.5%、2006年末失業率16,9%

・2008年には財政赤字の対GBP比率がユーロ導入基準である3%以下となる
:グロニツキ財務大臣見解

・今年第3四半期の経済成長率は3,7%:財務省推定

・マルチンキエヴィチ(Marcinkiewicz)が首相候補
:PiS・カチンスキ党首発表


○○○○○ 9/28 ○○○○○

・金融政策審議会(RPP)、主要金利据え置きを決定

・ポーランド国際競争力で51位:世界経済フォーラムレポート
-EUでは最下位

・欧州人権裁判所、ポーランド政府と強制移住者の和解成立
-第二次世界大戦による国境変更で現ウクライナ・ルボフからポーランド
領内に引き上げを強いられた原告が、失った家屋に対する損害賠償を
政府に対し求めていた。両者は今回、23万7000ズロチの賠償金で和解した。
-同裁判所は昨年、両者に和解勧告を出していた。

○○○○○ 9/29 ○○○○○

・民主左翼同盟 (SLD) 、大統領選挙でボロフス・キポーランド社会民主主義(SdPl )党首の支持を表明。

・法と正義(PiS)と市民プラットフォーム(PO)、公開協議を実施。

・ヤクボフスカ元文化副大事、法案改竄で起訴
-リヴィン・スキャンダルで浮上したテレビ・ラジオ関連法政府案の改竄
  
・大統領選挙の結果に関わらず、マルチンチエヴィチュが首相に就任する
:法と正義(PiS)カチンスキ党首見解


○○○○○ 9/30 ○○○○○

・自衛(Samoobrona)、法と正義(PiS)に対しポーランドの家族連盟(LPR)
とポーランド農民党(PSL)と共に連立政権を組むべきと呼びかけ

・トゥスク支持率伸びる:大統領候補支持率OBOP世論調査
―トゥスク支持45%。カチンスキ支持29%。

・株式指標WIG20終値で最高値;2518,73ポイント。


○○○○○ 10/1 ○○○○○

・法と正義(PiS)マルチンキエヴィチュ首相候補、経済政策の「5本の柱」
を発表
 -同時に、グダンスク造船所に対する援助を表明

・トゥスク支持率43%:OBOP大統領候補支持率調査
-カチンスキ支持32%

・カチンスキ、トゥスクに僅差:PGB大統領候補支持率世論調査
-トゥスク35%に対しカチンスキ31%
-レッペル17%、ボロフスキ11%

・オティリア・イェンジェイチャク自動車事故
-アテネオリンピック・バタフライ200mの金メダリスト。
-同乗していた実兄は亡くなっている。
-1日時点では重症と報道されたが、2日になり怪我の具合は比較的軽いこと
が判明(頚骨と胸骨にダメージ。手術の必要なし)。

*** 今週のコメント ***
 9月26日の議会選挙では法と正義(PiS)が勝ちました。僅差で負けた市民
プラットフォーム(PO)と連立与党政権を発足する意向ですが、今週行われた
協議は物別れに終わっています。最大の要因は、10月9日に実施される大統領
選挙です。両党とも独自候補を擁立しており、この結果が明らかになるまでは
両者の力関係も最終的に確定しません。閣僚ポストの割当や新政権の政策が決
定するのも、大統領選挙後になりそうです。政界では暫く不安定な状態が続く
でしょう。
ウィークリー / 2005.10.03 03:32 / TB[0] / CM[0]



 + 


週刊レポート     「ポーランド情勢」

ポーランドの政治情勢を中心に、社会、経済関連、さらにはEUと関連した出来事をコンパクトにまとめて毎週報告しています。

ポーランド研究に携わる方々をはじめ、報道関係や金融機関の皆様にも大好評。ご希望の方にはサンプルをお送りします。以下のメールフォームにと「サンプル希望」と書いてメールアドレスと一緒に送信してください。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。